島の星山

江津の海が一望できるオススメスポットを紹介します。

島の星山、別名「高角山」や「星高山」と呼ばれているそうで江津のシンボル的な山です。江津市内からは山に作られた星のイルミネーションが見えます。

この山の名前の由来は、874年に隕石が落ちてきたことから島の星山、星高山と呼ばれるようになったらしいです。隕石は「星石」として山の中腹の冷昌寺に保管されています。

山頂への行き方

R9バイパスの江川西側に「島の星山」の標識がありますので、山手に入っていきます。 中腹までは2車線の良い道ですが、中腹からハイキングコースの標識に沿って左折してからは車一台がやっとのくねくねした山道になります。

江津市内からゆっくり走って15分ほどで山頂展望台近くまで行けます。 最後は100mほど山道を歩かないといけませんが、容易に行くことが出来ますよ。

江津海岸を一望

山頂からは360度のパノラマが楽しめますが、わたしは日本海ばかりを見てました(笑)

江津の海岸は、基本的には江川河口を中心として左右に広がる砂浜海岸がメインとなっています。その砂浜のところどころに岩場があって、チヌの好ポイントとなっています。

一見変化に乏しい海岸ですが、以外に魚種も多彩で何と言ってもほとんどの釣り場が手軽に行けるところが魅力です。チヌならちょっとした小ポイントで釣れますから!(^^)!

それでは江津の海をお楽しみください(^_-)
(画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます

 

 

 

 

夏場には星のマークなどが夜空に光って綺麗ですよ!

注目のフィッシングエントリー