夜釣りの基本

フカセ釣り

フカセで釣る場合は、基本的には足元付近を釣ることになります。無理に遠投して遠くを探らなくても、足元にコンスタントにマキエを入れればOKです。夜は大物も近場浅場に寄ってきますから。

ただ、近くを釣るのですからそれなりの対応は必要です。まずは、大きな音をたてないことです。その為にも、前項で話した「動きまわらなくてもいい配置」が重要になります。昼間、マキエを打つとエサ取りが「わっ」と群がりますが、これはマキエそのものではなくマキエが落ちた音に反応している部分も多分にあります。魚は音に結構敏感のようです。

島根県の夜釣りそして、ライトの光を海に向けないようにした方がいいと思います。仕掛けを直す時もライトの光が海を照らさないように注意しましょう。防波堤の上など足場が良いところなら、少し釣り座から後退するのもいいでしょう。

また、魚をタモで掬うときにもできるだけライトは点けずに捕り込みたいですね。そんな時には、タモ枠にケミホタルと付けておくと便利ですよ。3か所位付けておくと万全ですが、1か所でもかなり取り込みが楽になります。

夜釣りでは、音や光に気をつければほんの足元で大物がヒットする確率大です。魅力がいっぱいです!^^

仕掛けの回収とエサ付け

夜釣りをする時に一番の問題は、仕掛けの回収時とエサ付けではないでしょうか。

仕掛けの回収

昼間はハリスも針も見えますが、夜は見えません。見えないハリスや針を掴もうとしても無理です。でも、ウキは分かりますよね!。ですから、ハリスを掴むには、まずウキを掴んでそこからハリス・針を掴めばいいのです。

ハリスが長い場合は、ウキを掴むと針やハリスが岩や貝などに引っかかることがあります。その場合は、腕を真横に伸ばしてそこをハリスが横切るようにウキをコントロールすれば簡単にハリスを掴むことができます。

昼間の釣りでも夜釣りを意識して練習しておくと、いざ夜釣りの時にトラブルを減らすことができます。

エサ付け

エサ付けはとにかく慣れることが必要です。慣れれば指先の感触だけでエサの状態が分かり付けることも簡単にできるようになります。

しかし、最初はどうしてもやり辛いものです。そんな時は、ケミホタルをエサ箱に入れておくと良いですよ。ケミホタルの明るさだけでも十分エサ付けできます。

注目のフィッシングエントリー