釣り場についてから

夜釣りの場合は、明るいうちに釣り場に着いておくのが基本でしょう。フカセでチヌやクロ(グレ)を狙ってみます。

この波止は、川側にはテトラがびっしり入っていて釣りのポイントもたくさんあります。しかし、夜釣りの場合はテトラでの釣りは危険ですので、内側(港向き)のテトラがないケーソンの上からがいいと思います。

夜はいかに安心して釣りができるかが、釣りの集中力を継続させ釣果を上げるコツだと思います(^^

夜釣りの準備

釣り座が決まったら、まずタモをセットします。大物を掬うのが目的ですが、海に物が落ちた時にも要りますからね!帽子が飛んで行った、バッカンが落ちた、エサのパックが、ウキが・・・などなど。タモは魚を掬うばかりではありません(笑

次に、マキエを準備しマキエを撒いてみます。潮の流れやエサ取り、敷石の場所など海中の様子を明るいうちにできるだけ把握しておきます。初めての場所だったら、周りの状況もよく見ておきましょう。

仕掛けを作り、釣り座の周りにマキエが入ったバッカン、水汲みバケツ、クーラーなどを配置します。夜釣りの場合は、なるべく動き回らなくてもいいように配置するのがグーです。磯釣りの場合は特にですね!危険回避のためには重要なことです

用意しておきたいマキエシャク、サシエのスタンド

夜釣りだけじゃなく昼間の釣りでもそうなんですが、マキエをしながらフカセ釣りをする場合、なるべく腰を曲げる回数を減らすようにしてます。マキエをする時、エサをつける時などにです。歳をとってくると腰に応えます(笑)。

そこで、シャクはロングタイプ、エサバッカンはスタンドにセットします。これで、ほとんど腰を曲げることなく快適に釣りができます。手返しが楽になります(^^

ちなみに、エサバッカンはフローティングベストに取り付けたり、足にバンドで固定したりする人もいますね。

準備段階の最終チェック

さて、一通りセットしたら、いよいよ本格的に釣りをしますが、釣りの一連の動作を何回かやってみて配置などをチェッ〜ク!ついでに、マキエを撒くときの力加減と投入点の位置関係の感覚を覚えておきましょうね!暗闇でもある程度は、自分の思っている位置にマキエを投入できるように。

ここまでを明るいうちにやっておけば、暗くなってからでもばっちり釣りに集中できます

注目のフィッシングエントリー