私のフカセ釣りのスタイル

私の場合は、どちらかと言うと釣れる魚を釣るスタイルです。チヌ狙いで行っても、チヌが釣れそうになければ他の釣れる魚を狙います。

チヌ釣りがクロ釣りに・・・クロ釣りがチヌ釣りに・・・はたまたアジ釣りに・・・変幻自在の釣りです(笑

基本的な釣り方

順を追って基本的なフカセ釣りのスタイルを追ってみましょう

  1. マキエは、まず足下に打ちます。コンスタントに打つように心がけましょう。
  2. マキエがどの方向に流れているのかをよく観察します。防波堤などでは特に流れが頻繁に変わりますので絶えず注意しておくことが大事です。しかし、実際は底までは見えませんから意外なところに流れているかも(-_-;)
  3. マキエが流れていく筋に仕掛けを入れて流してみる。
  4. 刺し餌がついていればウキ下を深くし、ついていなければ浅くする。
  5. 毎回、刺し餌がついていないようなら、仕掛けの投入ポイントを変え、刺し餌が時々残る位置を探す。
  6. 毎回、刺し餌が付いているようなら、仕掛けをあちこち入れて刺し餌がなくなる位置を探す。
  7. 釣れなければ、がん玉や針を変えてみる。ウキを変えてみる。
  8. 1から7を繰り返す。
  9. さらに、繰り返す。
  10. またまた、繰り返す。釣れるまで繰り返しましょう!
  11. ・・・
  12. ・・・・・
  13. ・・・・・・・・・

100?.釣れません・・・諦めて帰りましょう(T_T)

最後は冗談ですが、実際に釣れない場合はさらに色々な事をしてみます。あるいは、黙々と繰り返す(これが案外当たることもあります・・・笑)。

魚釣りにこれが正解ってのはないと思っています。その時々にあった釣り方があると思いますので、それを探すのも面白さの一つでしょうかね〜(^^

フカセ釣りで使用するウキ

注目のフィッシングエントリー