エサ取りの多い時

通常、ハリスの長さは3ヒロ(約4.5m)とりますが、エサ取りが多い時は4ヒロ(6m)くらいとります。それは、仕掛けが着水した時になるべくタル(マキエ)とサシエを離すためです。

このたっちゃん仕掛けは、着水時に何もしなくてもパイプ天秤のしなりによってサシエがタルより沖に着水するのです!

ですから、ハリスを長くしておけば水中ウキによってサシエが沈み、すぐにエサ取りにサシエを取られるということがあまりありません。

真鯛好調!笑また、タルにマキエを詰める時に下半分はきつく詰め上半分はゆるめに詰めます。こうすることで2度に分けてマキエを放出することができます。

最初は軽くあおりエサ取りを集め、サシエがタナまで沈んだと思ったら鋭くあおって残りのマキエを放出しエサ取りを上層にくぎ付けします。

さらにエサ取りが多い時は、投点を2,3か所にするとか、エサ取り用に1,2度投げてマキエを放出したらすぐに回収して本命ポイントに投げたりするのも有効です。フカセ釣りで行うマキエワークを応用すれば良いですよ(^^

風が強い時

風が強くて潮が風と反対に動くときでも、このたっちゃん仕掛けは便利です。遊動にしておけば、タルが風で流されても水中ウキが潮をとらえてマキエとある程度同調してくれます。

二枚潮の時はタルカゴごと沈めて釣ると良いようですが、私はまだあまりやってませんので方法だけ紹介しておきます。

タルカゴの沈め釣り

まず、サルカンから3mくらいのところにウキ止めを付けて半遊動にします。そして、水中ウキのすぐ上にオモリを打って仕掛けが馴染んだらタルが沈んでいくように調整します。

タルが馴染んで沈んでいき、狙いのタナに入ったと思ったら鋭くしゃくってマキエを出します。

タルは細い反転タイプが水中での抵抗が小さくて良いようです。

マダイ狙いや青物が浮いてる時

大型真鯛ゲット!マダイ狙いに有効な方法はハリスを長くとることのようです。よく釣る人はハリスを10mくらいの長さにするようです。投げるにはテクニックが必要ですし、取り込みも慣れないとうまくいきません。しかし、マダイにはかなり有効なようです。

青物が浮いてエサをひろっている時は、入れ食いになるかもしれないチャンスです(^^
こんな時は、3ヒロハリスの針から1ヒロくらいのところにアタリウキをつけて、サシエを海面付近に漂わせます。もちろん、水中ウキははずしておいて下さい。

ヒラマサならアタリウキが走ったと同時に竿にガツンときますから!!ベイルはフリーにしておいて下さいね(^_-)

青物の引きを楽しみましょう(*^^)v

動画

You Tubeにヒラマサ狙いの横田氏(たっちゃん氏)の動画があります。迫力のヒラマサ釣りをどうぞ♪

注目のフィッシングエントリー