たっちゃん仕掛けでヒラマサ狙い

山陰の磯や沖波止では、梅雨時分の豆ヒラから始まり、晩秋にかけての大型ヒラマサ狙いまでヒラマサ釣りが大人気です!場所によっては、春先にメーター級の大物が狙えます^^

山陰西部ではクロやチヌのフカセ釣りよりもヒラマサ釣りにのめり込んでいる釣り人が多いと思われます^^;

そんな人気魚ヒラマサを狙う釣法が全遊動のたっちゃん仕掛けです。

たっちゃん仕掛けの特徴

ヒラマサつれました・・・笑遠くのポイントにもマキエを一気に表層で出すことが出来る為ヒラマサの泳層が浅くて活性が高い時に特に効果的であるということです。

日本海は潮を流れが少ないのでダイレクトに沖のポイントを釣らなくてはなりません。それもまた、山陰でたっちゃん仕掛けが定着している要因の一つだと思います。また、中通し底カゴ仕掛けと比較すると仕掛けが単純でトラブルが少ないのも特徴です。

そして、投げ釣り用のパイプ天秤を道糸が通るときの抵抗と水中ウキが沈もうとするバランスが絶妙で刺し餌を自然に送り込むこともでき幅広い層も狙うことが出来ます!!

外道でマダイやイサキも(*^^)v
もちろん、マダイを本命にしている人もいますよ!

釣り方

タルカゴは大きく分けて2種類あります。一つは固定タイプで、もう一つが反転タイプです。

反転タイプの特徴は、釣り人の意思によってマキエを放出することが出来るということで、固定タイプは、仕掛けを投げて着水時に自動的にマキエが放出されます。

いずれにしても、仕掛けを投げて着水したら道糸を送っていくわけです。仕掛けのバランスや潮にもよりますがおおまかには3秒で1m沈む感じです。

しかし、ただ単純に道糸を送っては釣果が上がりません

時には道糸を送るのを止めます。するとサシエが浮き上がり誘いになります。そして、再び道糸を送ります。これを繰り返して、誘いながら流していき広範囲を探ります。

反転タイプは着水時にはマキエが出ませんので、サシエを送っている途中でここだと思うポイントで竿を鋭くあおってマキエを放出させます。ここらが、釣り人の腕の見せどころのひとつです(笑

ちなみに、釣れる泳層が決まってきた時や根がかりが激しい所では、ウキ止めをつけて半遊動にすることもあります。

動画

たっちゃん仕掛けの詳細はこちらの動画

注目のフィッシングエントリー