鹿島の釣り座ガイド

この釣り座ガイドに書いている内容は、人から聞いた話しや雑誌で知り得た情報です。 よって、すべてが正しいとは保証できませんので、参考程度に活用して頂ければ幸いです(^^

写真は平成21年4月に撮影しています。

(クリックすると、全体図が別ウインドで開きます)

南西側の釣り座

西ノ鼻

鹿島の中では、沖を流れている本潮に最も近い釣り座です。

船を着ける低い場所とその右上の高場が釣り座ですが、波がなければ高場右の低い場所にも足場の良い釣り座がとれます。

左のチョボ周りと高場の右方向に大きな瀬があります。沖に見える高島方向は水深があります。

波が荒くなりやすい場所ですが、釣りものは多いポイントです。フカセやタルカゴ遠投で色々狙えるので人気のポイントです。

ただし、渡船への乗り降りは鹿島の中で最も難しい場所ですので、波がある日は注意が必要です!

平場

名前のとおり足場は平坦で釣りやすいです。

左右に浮瀬があるので仕掛けを流せる範囲が限られますが、グループなら3人は竿出し可能です。

所々に低い沈み瀬がありますが、比較的フラットな海底だと思われます。

ヒラマサ釣りでは鹿島の中で人気NO.1です。

フカセでもクロやチヌも釣れイサキやタイも出る楽しい場所です。

秋にはフグ一色で悩まされることもありますが、50オーバーのクロの実績もあります。

チョボ

ここは夏場のべた凪の時しか乗れません。

クロの入れ食いも楽しめる場所ですが、荷物を少なくしても2人が限度です。

当然、波には細心の注意が必要です。

注目のフィッシングエントリー