鹿島の釣り座ガイド

この釣り座ガイドに書いている内容は、人から聞いた話しや雑誌で知り得た情報です。 よって、すべてが正しいとは保証できませんので、参考程度に活用して頂ければ幸いです(^^

写真は平成21年4月に撮影しています。

(クリックすると、全体図が別ウインドで開きます)

南側の釣り座

船着け

最も波に強い釣り座です。釣り座は割れを挟んで両側にあり、なだらかな傾斜で足場も良好です。

海底は割合フラットで、4,50m先からなだらかに落ち込んでいます。正面沖には40m付近に瀬(6〜7ヒロ)があるようです。タルカゴや底カゴ仕掛けを使って、遠投で攻める人がほとんどです。

しかし、時化気味の日にはフカセでチヌやクロの大型も出ますよ!
大型のイシダイを見釣りで釣った方もおられます!!

丸島

独立した釣り座です。仲間なら3人でも竿出し出来ますが、2人で釣ったほうがいいと思います。

海底は船着けの延長ですが、右側にはかなり瀬があるようです。

春先から初夏にかけてマダイをよく釣られる方がおられます。その方は、ハリスを9ヒロくらいとったタルカゴ遠投釣法で釣果を上げられています。家電方向に潮が流れる時が食いが良いようです。

ヒラマサ95cmの実績もあります!!

手の平

ここは釣り座の奥行きがなく、後が切り立っていますのでタルカゴや底カゴは少し振り難いです。

正面は瀬が荒く、沖で大物を掛けた場合はかなりの注意が必要です。海に向かって右角では家電方向に向かっては多少開けています。イシダイのポイントにもなっているようです。

この沖(40mほどのところ)で何百という大型ヒラマサの群れを見たことがありますし、3mくらいのカジキも見たことがあります!!

注目のフィッシングエントリー