鹿島への出発地は福浦港

私がよく行く「鹿島」は、島根県浜田市三隅町の沖合4kmにポツンと浮かんでいる。山陰西部ではフカセ釣りのA級ポイントとして、フカセ釣り師にとっては夢のある島です。

渡船は三隅町の福浦港から

福浦港への簡単な道順は、浜田市方面・益田市方面いずれともまずは国道9号線から「JR美保三隅駅」を目指します。そして美保三隅駅手前を右折し、少し走ると左に踏切がありますので左折して踏切を越しT字になっていますので右に行きます(福浦港と正面に表示があります)。後は道なりに行けば3分くらいで港に着きます。

港に突き当ったら右に行けば車が20台くらいはおける広場がありますので、車は船の近くに駐車すると良いでしょう。トイレは駐車場のすぐ近くにあります。車イスでもはいれるトイレで、地元の方が綺麗にしておられますので、マナー良く利用させて頂きましょう(^^。

現在、渡船は日本丸のみ

昔は3軒の渡船屋さんがあったのですが、船長の高齢化により現在は「日本丸」1軒となっています。(平成20年12月現在)

  • 渡船名:日本丸
  • 船長:西藤
  • 携帯:090−8248−3998
  • 料金:鹿島3,000円、その他の磯1,500円

この船長、悪い人ではないのですが商売っ気がないのか、「今、鹿島はどんな感じですかー?」と聞いても「あー、釣れん。なんも釣れん」と素っ気ない返答が(笑。
(1年のうちで釣れてると答えてくれるのは1、2度くらいか^^;。)

それと、なにを喋ってるのか慣れないと分かりません(笑。

瀬渡し期間は4月1日から12月15日までとなっており、出船時間は時期によって異なりますが基本は夜が明けてからです。夜釣りはできません。

それと、この海域は浅いせいか波が高くなりやすいので渡船が出ないことが多いです。波が2.5m以上になるとほぼ欠航します。2mでも出港は50%程度です。

渡船料は、鹿島3,000円その他の磯1,500円です。

磯の予約は・・・

鹿島で釣り人が多くなるのは、梅雨から初夏にかけてと初秋から晩秋にかけての時期です。特に晩秋は50cm級のクロ(グレ)が釣れますので表側の釣り座は大人気です。

場所決めは基本的には船頭さんはあまり関与していません。言い方が変ですが、電話で何月何日どこどこへお願いしますと伝えても船頭さんは覚えてないんです(笑。毎週通ってたら例外はありますが(爆。
なので、電話での予約は無理だと思った方が無難です。

ただ、一つだけ方法が・・・。それは、駐車場の山手側に渡船のプレハブ小屋があるのですが、そこに予約表なるものがあります。それに書き込んでおけば一応は予約できます。

それに書き込むには、直接その小屋に行って書き込まないといけませんが^^;。予約は釣り人によるものなので、トラブルがないように良心的に行動しましょう!このシステムは現行のもので、変わるかもしれませんのでご注意ください。

注目のフィッシングエントリー