ハゼ釣り

投げ釣り、脈釣り、ウキ釣りで楽しめるハゼ釣りは手軽で簡単な釣りです。

ハゼは「ダボハゼ」とも言われるとおり、目の前にエサが行けば、簡単にサシエサに飛びついてきます。しかしながら、食すと驚きの美味である事は、ご存知の通りです。

本稿では、山陰の手軽なハゼ釣りをMitsuya氏に解説していただきます。

ハゼ釣りの仕掛け・釣り方

今回は投げ釣りでハゼを狙ってみました。

タックル

竿は船竿・ルアーロッド・磯竿などで軟調のものが引きが楽しめるし、食い込みも良いですよ!本格的な投げ竿は、ちょっと硬すぎるので適さないように思います。 リールは、小型のスピニングリールで、道糸もナイロンなら2号程度、PEなら1号程度でOKです^^

仕掛けと釣り方

仕掛けは、SASAMEの「ハゼ片天君」を使ってみました。これはテンビンもオモリも付いているので、非常にお手軽です。さらに、スペアの針も2本付いているのが、これまた便利(^^♪

Mitsuya氏の次女・・・、かわいいねぇ・・・

もう一つ、遠投用にはSASAMEの「ちょいハゼ」を使いました。針の上に付いているパールビーズと蛍光ビーズが、ハゼに強力アピールして食いがアップします!天秤に、オモリは6号程度で5,60mは投げれますよ。

市販の仕掛けでOKです・・・軽い仕掛けが食いもよく、着水した時の音も小さくて、何といっても引きが楽しいです!!

エサは「青虫」と「赤虫」を使ってみましたが、今回は食いに大差はありませんでした。釣具屋さんは「赤虫の方がハゼの食いは良いよ」って言ってました。

釣り方は、広範囲に投げてハゼの居るところを探すことですね。日によって、遠投が良いこともあれば、近くでしか食わないこともよくあります。ハゼは簡単に釣れると言われますが、やはり自然のものです。今回も潮の流れに変化が出る時に、バタバタッと釣れてましたね!潮が速くなったり遅くなったり、あるいは反流している境目など・・・

あとは、障害物周りは常に狙い目ですので、根がかりを恐れず狙ってくださいね(^_-)竿引きのアタリは快感ですよ〜♪

料理編

秋が旬の魚と言えば、柳葉魚(シシャモ)、鬼頭魚(シイラ)、鮭(サケ)、甘鯛(アマダイ)、馬面剥(ウマヅラハギ)などがありますが、今回釣ったこのハゼ(真鯊マハゼ)も秋を代表する美味しい魚です。

まずは、なんと言っても「天ぷら」ですね〜!

天ぷら

定番、ハゼの天ぷら(バカ美味です)藻塩とレモン醤油を用意しましたが、私はレモン醤油が好きですね。

さっぱりしてハゼのホクホクした身が格別に旨く感じます。ついつい、ビールがすすみますよ(*^。^*)

塩焼き

ハゼの塩焼き(マニアックです)それと、もう一品オススメなのが「塩焼き」です。

半日くらい干したものを炭火で炙ると・・・・・・・もう!旨みが倍増で、またまたビールがすすみます(笑

そうそう、天ぷらにする場合も塩焼きにする場合も、ハゼはしっかり塩でもんで鱗を取ってくださいね!手をかければさらに美味しくなりますから(^^

ハゼのうんちく

一般にハゼと呼ぶのは真鯊(まはぜ)のことで、ハゼ科の魚は日本だけでも200種類を超す。体長は15〜20センチで、寿命は1年。時には数年間生きて25cm以上になるものもいる。

また、夏の浅場で釣れるハゼ(5,6cm)を「デキハゼ」、9月になって彼岸のころのハゼ(10cmくらい)は「彼岸ハゼ」、その後深場に落ち始めると「落ちハゼ(20cm近く)」、そして12月から1月の終盤のハゼを「ケタハゼ」と呼ぶ

雑食性で小魚、貝類、ゴカイ類をよく食べ、藻類も食べる。エサを捕るのは視覚によることが強く、動きのあるエサによくとびつく。

白身で淡泊な味の肉質。生けのものは刺身にもなるし、昆布締めにしても美味しい。

注目のフィッシングエントリー