カンダイ料理

チヌ釣りの外道として大きなアタリをだすこの一匹!!
釣ったあとの下処理をきちんとすればgood taste!!

カンダイのムニエル

カンダイのムニエル
作り方
カンダイのソテー
  1. まず、ガーリックバターソースを作る。
  2. 20gのバターでニンニク(1片)のみじん切りを弱火で炒める。
  3. ニンニクに火が通ったら、もう20gバターを入れて塩とコショウで味を調える。
  4. 火を止めてネギとパプリカのみじん切りを加えて、ガーリックバターソースの完成。
  5. 次に、カンダイは身を3枚におろし、腹骨をそぎ取る。
  6. 皮を引きサク取りし、適当な大きさに切る。
  7. 切り身に塩コショウをして下味をつける。
  8. 小麦粉をまぶして、バターをひいたフライパンで最初はやや強火で表面に焼き色をつける。
  9. 表面に焼き色がついたら、弱火にしてじっくり中まで火を通す。
  10. 火が通ったら白ワインをふりかけアルコール分を飛ばす。
  11. 器に焼いたカンダイの身とトマト、キュウリを盛り、4のソースをかければ、ハイ!出来上がり〜(^^)v

カンダイの磯臭さが気になる時は、下味をしっかりとつけソースのニンニクを少し多くするとイイですよ。
しかし、何といっても釣った後の下処理をしっかりしておけば意外に磯臭さはありません。
身はホクホクで付け合わせのトマトとも合性バッチリです!ごちそうさまでした(^O^)/

注目のフィッシングエントリー