ワカナ料理パート2

山陰西部では、ブリの幼魚40cm前後を「ワカナ」と呼んでいます。
10月から12月頃はこのワカナが各地で釣れ、数釣りも出来るので人気の魚種です。

ワカナのバターニンニク炒め

にんにく炒め
作り方
  1. ワカナは3枚におろして、腹骨をそぎ取り血合いの部分を切り取ります。
  2. 皮を引いて半分に切り、軽く塩コショウをふります。
  3. フライパンにバターを入れ、溶けたらワカナを入れて弱火で両面をじっくり焼きます。
  4. 身の表面に焼き色がついたら、スライスしたニンニクをのせ、アルミ箔で落としぶたをします。
  5. 弱火で両面をじっくり蒸し焼きにします。
  6. 身の中まで火が通ったら器に盛り付けて、ハイ!完成です(^O^)/

アルミ箔で落としブタをしているので、ニンニクの風味がよくて食欲をそそりますよ!バターとの相性も良いし、一味違うワカナを楽しめます(^^)v

ワカナの変わり天ぷら

変わり天ぷら
作り方
  1. ワカナは刺身にする要領で、5mm幅位のそぎ切りにします。
  2. 切った身を2切れから3切れずつ竹串に刺します。
  3. ワカナの身とノリ、青葉に小麦粉をまぶします。
  4. 天ぷらの衣をつけ、180度の油で揚げます。
  5. 油をきって器に盛りつけたら、ハイ!完成です(^O^)/

ワカナの身はホクホクで柔らかい味になって、とても美味しいですよ! 塩で食べるのも良し、天つゆで薬味を効かせて頂くのもさっぱりしていてイケます(^^)v

変わり天ぷら

注目のフィッシングエントリー