真鯛料理

言わずと知れた「海の王様 マダイ」。

釣りの対象としても人気はありますが、なんと言ってもその姿の良さと食味の良さが釣りをするしないに関係なく日本人にとって最も人気の高い魚である理由でしょうね。

食べごろサイズは30〜50cmくらいのものですかね。天然のタイは最高に美味しいですよ(*^^)v

姿造りに挑戦

まずは定番の刺身ですが、マダイですからね、見よう見まねで姿造りに挑戦してみました。

マダイは頭を残したまま3枚におろしますが、皮は後から使いますのでウロコ付き(※重要)で皮をひいてください。後は、身を取ったマダイを綺麗に洗って立体的に置いたら、刺身をならべていきます。

素人飾りですが、それはそれでOKです。作って楽しんで、見て楽しんで、食べて楽しむ!料理の基本はここにあると、自分では勝手に思ってます(笑

さくら揚げ

姿造りの時に余ったウロコ付きの皮。これを使った一品です(^^

作り方

  1. 皮を食べやすい大きさに切ります。この時、刃元を使って峰を叩いて切ると良いですよ!
  2. 内側に片栗粉を付ける。ウロコ側には付けない(ウロコが開かなくなるから)
  3. 180度の高温の油で2度揚げする。ウロコがパッと開いたら成功です^^
  4. 揚げ終わったら、皮に塩・うま味調味料・抹茶を混ぜたものをふりかけて味を付ける。

ハイ!これで完成!ウロコのサクサク感がたまりませんよ!!ビールのお供に是非どうぞ(^O^)/

このさくら揚げを美味しくするコツをこっそり教えましょう。それは、皮を引くときに皮側に身を付けることです!!上手に刺身を作る必要はないってことです(笑

チヌでもいけますから、お試しを^^

他にもいろいろ定番のものを

まずは、塩焼き。これは特に説明はいらないと思いますけど、塩によって味がかなり変わりますので、いろんな塩を使って自分好みの味を作ってみるのも楽しいですよ。

それと、ポイントは何と言っても火加減ですね!

強すぎると表面だけ焼き色がついて中身は火が通ってないし、弱わ過ぎると身の水分と脂分が落ちてパサパサになるし…。
なかなか塩焼きも単純のようで奥が深いですね(^_-)

他にはカルパッチョ。最近はカルパッチョソースなるものが多数販売されてるので、ホント手軽に楽しめます!
手軽にできて、刺身とは一味違ったマダイが堪能できますので、オススメです!(^^)!

さらには、潮汁。汁物や煮物にする時のコツは、火を通す前に粗塩を振っておくことですかね。

そして、湯通しして氷水に漬け、身の汚れを出来るだけ綺麗に取っておく。これをきっちりやっておくと、美味しい汁や煮物が食べれます(^O^)/

魚、バンザーイ!カンパーイ!(笑

注目のフィッシングエントリー