カンダイ料理

カンダイは別名コブダイとも呼ばれています。こちらでは単に「コブ」って言ってます。

成魚の雄の頭には大きなコブがあるのでそう呼ばれるのですが、よく釣れるのは50cmくらいまでです。その大きさの魚は、まだコブは大きくはないですね。

このカンダイは春にチヌ釣りをしていると時々釣れます。身は柔らかくて、独特の味があります。

カンダイ

カツレツの作り方

カンダイと言えば、切り身にしてフライが一般艇でしょうが、今回は「カツレツ」にしてみました。

作り方

カンダイのカツレツ

  1. カンダイは3枚におろして、身に塩コショウを振って下味をつける。
  2. ボウルに卵1個と粉チーズ大さじ2、牛乳大さじ3を入れる。
  3. さらに、小口切りネギ、みじん切りパセリをボウルに入れ、混ぜて溶き卵を作る。
  4. カンダイの身に小麦粉をつけ、溶き卵を絡めてパン粉をまぶす。
  5. 身をサラダ油をひいたプライパンで、ほんのり焼き色がつくまで両面を焼く。
  6. 両面を焼いたら、再び溶き卵を絡ませパン粉をつけて焼く。
  7. 焼き上がったら、皿に盛りつけて完成!

危うく写真が…

料理を作って、大皿に飾りつけて完成。後から写真を取らねばと思っていたのだが気が付けば子ども達はすでに食べはじめていた!!「おいおい!(笑」

なんとか一つを小皿に確保して写真をパチリ(爆

カンダイ料理

サクサクの衣とホクホクの身がばっちりでした!ネギとパセリの風味も効いてて、美味しかったです!ごちそうさまでした〜(^O^)/

注目のフィッシングエントリー