ウナギ釣り

今年もウナギ釣りのシーズンがやってきました。
例年だとGW頃には釣れ出すのですが、今年は寒くて水温が低めのようで少し遅いようです。

まだまだ寒い日もありますが、そろそろ釣れるだろうと思い今シーズン初のウナギ釣りに行ってみました。 川は家のすぐ前にあるので、海に行くよりははるかに楽でお手軽です(^。^)

ウナギのエサは”ハエ(オイカワ)”

ハエ

まずはエサとなるハエ釣りです。
夕方に40分程カカシラ(毛バリ)で釣るとすぐに20匹ほど釣れました。
この辺りでのウナギ釣り開始の一つの目安は、カカシラでハエが容易に釣れるかどうかです。
暖かくなって虫が飛ぶようにならないとハエが釣れませんし、ハエが活発に動くようでないとウナギも動かないのではないか と勝手に思っています^_^;

川での万能餌はミミズでしょうけど、ミミズもまだあまりいないのでシーズン当初はわたしはハエをエサにしています。 ハエをエサにすると小さい魚は釣れないので、ウナギの釣れる確率が上がると思います。 ただ、退屈な釣りになることもしばしばですが(笑)

ウナギ釣りの開始

ギギ

さて、薄暗くなってからウナギ釣り開始です。
暗くなると早速大きなアタリが!!竿に付けている鈴が鳴り響きます^^。
でも、ウナギとは引きが違うような!?
上げてみると、ナント大きなニゴイです。60cm以上はありました(笑)

その後、ウナギが釣れましたがこれは小さ過ぎます。親指ほどの太さですから^^;
それからも、ボチボチアタリがありギギが釣れましたが、9時前に大きなアタリが!
上がってきたのは、ウ・ナ・ギ!(^^)!まずまずの食べごろサイズです。

さぁ、もう1尾と頑張りますが、9時半頃、月が山から出始めると同時にアタリがピタッと止まりました。
水深が深くても70cmくらいの所で釣ってますので、月夜(それも満月)ではちょっと厳しいですね。
ライト無しでも周りがはっきり見えますから。それに少し肌寒くなってきたので、潔く納竿としました。
今シーズン最初のウナギ釣りできっちりウナギが釣れたので満足です(^O^)/

60cmウナギ

ウナギ釣りの仕掛け

ちなみに仕掛けですが、磯竿の3号(穂先が折れて短くなってるおんぼろです…(笑)に4000番程度のリール(これも何でもOKです)、 道糸4号にタル型の7号オモリを通してサルカンにライン付きのウナギ針を結ぶだけです。シンプルが一番です(^u^)

あっ、夜ですから鈴をお忘れなく!チャリン、チャリンが心地よいですよ。

注目のフィッシングエントリー