チヌの実績No1「江津河口西テトラ」

江津西テトラ

今年の島根西部の海は、ちょっと普段とは違った様相です。

ノッコミのチヌは遅れているというか、釣れてはいるのですが数がそれ程出ず釣れる場所も限られているようです。
沖磯の大型マダイもあまり出ず、その代わりに大型のヒラマサが時折釣れており、60〜70クラスはこの時期としては良く釣れているようです。
そして、ワカナは沖磯、地磯を問わず、あちこちで釣れています。

とは言え、やはりこの時期に釣りたいのはチヌです。 そこで、江津近辺では今年も実績NO.1の「江川河口西テトラ」へ釣友とチヌ狙いに行って来ました。

先端よりの段落ち

段落ち

午前6時過ぎに釣り場の駐車場に到着すると、平日にも関わらず車が既に2台止まっています。

テトラをみると2人の釣り人が確認できます。これなら釣り座は十分空いてます(^^
早速、テトラをてくてくと歩き、先端よりの「段落ち」になんとか到着です。
それにしてもテトラ歩きは疲れます!到着した時には汗でびっしょりです(笑)

ちなみにこの「段落ち」から先は、テトラが水没している所もあり非常に危険なため普通の人は行きません。 ただ、ベタ凪の時にルアーマンがまれに行かれるようです。もし行かれる方は、くれぐれもご用心を!

実績場なのにね

釣友の竿しなる

マキエをして、いざ釣り開始です。しかし、1時間、2時間と反応が無く、フグが時折つつく程度です。
潮は左沖に出ていく感じで、今にもチヌが食って来そうな気配があるのに、それとは裏腹に沈黙…。
足下から沖からあちこち探ってみたりもみますが、いい反応がありません。

そうこうしていると、釣友がなにやら掛けたようです。上がってきたのはワカナでした!!

「なんにも釣れんよりは、ええじゃない〜」とエールを送りました(笑)
その後は、フグとワカナがポツポツと釣れますが、肝心のチヌが一向にあらわれません。

ワカナ

ボラが表層を泳ぎ出し賑やかにはなってきて、針掛かりもしました。このボラがまた大型でよく引きます! やり取りとタモ入れの練習にはなるんですがね^^;そろそろチヌが来るのではと頑張ってはみましたが…。

結局、納竿の午後2時までにワカナを5尾釣り、今日はワカナ釣りになってしまいました。
今年のチヌは本当に難しいですわ。
それでも2日後には浜田の釣友がチヌをきっちり釣っていましたがね。
その後も50オーバーも出ていて、西テトラはA級ポイントには間違いありません。やはり腕の差でしょうか(爆)

注目のフィッシングエントリー