島根東部で初釣行!

久しぶりの釣行記になります(^^ゞ
時は3月22日。釣り場は島根半島、初めての場所です。 今回は島根東部の釣友Tさんとの初釣行でした(^^

前日は大時化!いざ七類へ

釣友

Tさんは島根半島の釣り場に精通してますので、釣り場はお任せでした。が、何と言っても天候が…。

実は前日の天気は波高5mで台風並みの強風!!まさに嵐の状態だったのです(笑) しかし、予報では釣行当日は波高2.5m後1.5m、西後東の風。島根半島は島根西部と異なり、 海岸線が入り組んでいて大きな湾もあるのでこの天候なら釣りを出来るところがあるのです。

西風なので大社湾はあきらめ七類か境港一文字波止にしようと言うTさんを頼りに、午前2時半頃に家を出発。 松江の「かめや」でTさんと合流して、結局七類に向かった。

七類の渡船は「亮吉丸」

今回お世話になる渡船屋さんは七類の「亮吉丸」さん。

船頭さんも良い人で料金も安いし、いい渡船屋です。

ともかく、わたしは初めての場所なので、ただただワクワク。場所はTさん任せ。本命の場所(白チン)は先客さんがおられ、 第2候補もウネリが酷くてパス。表磯は前日の5mの波が収まるはずもなくNG。
結局、九島の「灯台下」に磯上がり。

亮吉丸

釣り場の感じは、なんとなくですがチヌ釣りには良さ気な感じ。しかし、Tさん曰く「ここは・・・」(・_・;) この日までの状況では、半島東部の沖磯「地ノ御前島」や美保関東部の地磯(クジラとか)などで数釣りが連発しているらしい。 しかし、この七類界隈ではまだまだノッコミが見られず、冬チヌのような単発がわずかにあるだけだとか。ん〜、厳しいかも^^; まぁ、なんとかなるでしょう、と呑気に構えて釣り開始です(笑)

粘って・・・本命!の引きが

一番良さ気なポイントに釣り座を構えさせてもらう。
1時間、2時間…マキエタイム。そろそろと思いながらも、一向に魚の反応がない。 時々エサをかじるのだが、ウキを4,50cm引き込む程度で一向にハリ掛かりしない。Tさんは「ミニコッパでしょう」と。 なかなかの強敵である。 9時半頃だったろうか、ちょっと脇見をしていたらウキが見当たらない!竿できいてみるとガツンと来たので合わせをくらわす。

mitsuyaの竿

『キタ━━━(゜∀゜)━━━!!! 』思わず叫ぶ(笑)

結構な重量感。なかなか底を切れない!! Tさんは「でかいんじゃない!」と写真を撮りつつタモを持って待機していてくれる。 こりゃ、ばらしちゃマズイと思いながらアタフタしつつも慎重に寄せる。途中で首を振るような仕草を見せるので、本命かと思ったものの、やけに浮いてこない。 やっとこさ浮かせると、色が〜〜〜〜(・_・;)

コブ確定でございます(笑)

コブダイ

まっ、とりあえず魚がいたのでOKでしょう^^; 次こそは本命をと頑張るが、その後納竿の午後2時まで魚っけなし。。。。 タナを変え、超遠投も試み、あれこれやってみましたが…。とてもわたしの技量で適う状況ではありませんでした。 まだまだチヌボーズ街道は続くのでした〜

本日のタックル

満月の竿

ロッド:日新ゼロサム弾1.25-530
リール:シマノBBX Type12500D
道 糸:サンライン オシャレ1.75号
ハリス:サンライン Vハード1.5号
ウ キ:ぐれ吉くん2B

注目のフィッシングエントリー