2009年10月2日

ついこの前、浜田の釣友が浜田西沖波止でヒラマサを2人で10本獲ったとの情報が!!

それもフカセで釣ったらしく、底カゴの人にはワカナしか釣れていないようだとの情報が。 こんな話しを近所の釣友と話していると、必然と釣りに行こうとの話しが(笑。

あれこれ釣り場やターゲットを考えるのだが、これが毎度のことだがまとまらない(^^ゞ 結局、情報はないが夢があるんじゃないかと言うことで「浅利大島」にゴムボートで渡って夜釣りをすることに。

一応の狙いは、夜はマダイ・チヌを狙って、夜が明けたらヒラマサなどの青物またはクロを、合間にエギングでイカ、などと言う贅沢な計画ではあったのですが・・・。 はたして、結果はいかに(爆

生憎の天気

当日の天気予報は午後9時頃まで雨。その後は曇りとの予報でしたが、見事に的中!

それでも、ボートで出発する時は小降りだったので、風波が多少ありましたがなんとか午後5時頃釣り場に到着。相変わらず雨は降っています('_')

しかし、夕暮れが迫っているので急いで支度をして、早速釣り始めます。

今日はタックルは

竿
日新ゼロサム弾1.25-530
リール
シマノBBXタイプ12500D
道糸
フジノライン プロトテック2.5号
ウキ
ぐれ吉0
ハリス
サンラインVハード1.5号・2号

フカセで何でも釣ろう!仕掛け(笑)

マキエをして釣り始めると早くも手の平クロが釣れました。そのうち足の裏サイズが釣れましたが 日が暮れてしまい、さらにサイズアップを期待するもクロの反応は無くなってしまいます。

日が暮れてしばらくすると、勢いよくウキを消し込むアタリ!

何かと思えば、26,7cmのアジ。そのうち同サイズのサバも混じり出す。最初はポツポツ程度だったので、良型アジはキープして他のターゲットが来ないかと色々探ってみる。

が、アジが増える一方!ありゃー、こりゃまずいパターンじゃ〜・・・

雨が止み、月が出て

9時を過ぎたころ、やっと雨が止んだ。やれやれ、これでかなり楽になります(^O^)/

さぁ、気分一新で釣りますが、アジの入れ食い・・・アジが少し遠のいたと思ったら今度はフグの猛攻!!8連ちゃんくらいで針を取られます(*_*;

釣友はしびれを切らして底カゴ仕掛けを振り始めますが、大した反応がなくたまに掛るのはなんとアジ(笑)。まさしく「アジ祭り!!!!!」

釣友が次に取り出したのは・・・エギ!。しっかり、白イカ・アオリを4杯ゲット!!
その間、わたしはしつこくフカセで釣り続けるも、釣れる魚はアジ・サバ・フグのみ。ありゃりゃ。。。

午前1時頃、寒さと空腹凌ぐためにカップラーメン食べて小休憩。あ〜旨い!生き帰る(^^。1時間ほど仮眠します。

再び釣りを再開しますが、やはり「アジ祭り」・・・ついにわたしもしびれを切らしてカゴウキで遠投。 やっぱり、アジ・・・いったい、どんだけアジがいるんでしょうか!?

そして、次に取り出したのはエギ・・・アオリ2杯ゲットするも、すぐに飽きてしまいます(笑。
東の空が明るみだすと・・・やっとアジは消えましたが・・・・・・・。

最後に青物を期待するも

夜が明けてからはカゴウキ仕掛けで青物狙いです。

夜が明けてすぐはエサ取りもまだ出て来ずツケエも残っていましたが、そのうちにツケエが取られ出しました。それでも早い時間帯にワカナやサゴシが当たってきましたが、この時期にしては小ぶり過ぎます('_')

なんとかヒラマサでもと打ち返しますが・・・反応なし

ならばクロでも・・・反応なし

そんじゃ・・・なす術なし、と言うか疲れが(笑)

それよりも天候が気になり始めました。予報では9時頃から風が出るとのことだったので。 ここは島との水道が浅くてすぐに波が高くなるのです。8時半過ぎには納竿して帰る準備をします。

準備してる間に風が出てきました。急いでボートに乗り撤収です。 無事に砂浜に帰還してボートなどを片付けていると、予報通り風が強くなって来て風波が出てきました。

やはり、ゴムボートなどで沖磯に渡る場合は細心の注意が必要ですね! 釣りをするのも安全第一です(^_-)

注目のフィッシングエントリー