2009年1月20日

今年に入って3度目の釣行になります。初釣りは、得体のしれない大物に一発やられてあえなく撃沈。。。2度目の釣行(前回の瀬戸が島波止)も撃沈('_')

今回の釣行の狙いはチヌ!ここ4,5年はこの時期に必ずチヌを釣ってはいるのだが、さてさて今回の釣行でチヌは現れるのか^^

この時期、日本海は時化が当たり前

ここ最近も時化の日が多く、なかなか釣りができる日がない。

時化の時にはぶっ込み釣りなど、その状況にあった釣りもあるのだが、チヌ・クロ釣りが好きな私はやっぱりフカセ釣りがしたいのです(笑。

フカセ釣りができる日が少ないものの、今年に入って東波止では40cm級のチヌが何枚も出ている模様。先週は、大田方面の地磯で知り合いが55cmのチヌも!!
まだ、ノッコミではないもののチヌは各地で当たっているようです^^。

そうそう、東波止はノッコミ期は先端付近が最も良いポイントですが、この時期は先端よりも中間から先端手前付近までが良く釣れますよ(^_-)。
でも、テトラからの釣りになるので細心の注意を!

海はやっぱり不思議ですね

1月20日、向かった先は江津の地磯「地の真島」。午前中は用事があったので昼頃からの釣りです。

地の真島

本日の釣り場の状況はご覧のとおり。このような状況下でのチヌ釣りの実績は・・・ほぼ9割の確率で釣っています!(^^)!今日も頂いたか(笑。

フグが・・・涙しかし、いざ釣り始めると1時間後にはフグの猛攻!!釣れるより針をとられる方が多い(T_T)。釣れるフグも小さい。

イダが・・・笑午後3時頃にフグとは違うアタリが!!しかーし、釣れたのは・・・イダ(ウグイ)、ちょっとガックリ。。。。。

でも、このイダ、実は私にとってはチヌの使者なのです。イダが釣れたあとチヌが釣れることが非常に多いのです。この場所の特徴でしょうか^^。

時化てきましたですが今回は違っていました・・・。チヌは釣れず、釣れるのはフグばかり。波は下がる予報だったので、状況が良くなると踏んでいたが、予報に反し徐々に大きくなり海況も悪化!

結局、エサは一度も付いて上がらず、終始フグのみ。ハリも、2袋を無くしてしまった。午後5時、マキエもなくなり、あえなく終了〜。

この時期にこの状況下で・・・まだまだ修行が足りないと海に叱られました(爆)。

釣果の代わりにご紹介

皆さん、マキエをした時にシャクに尻手ロープが巻き付いて困りませんか?私も今まで困ってました。それが、あるものを付けるとほとんど絡まなくなります!!あるものとは・・・

マキエシャク

それが画像にある、長さ25cm程度のステンレスの棒です。これを付けていると不思議と絡まないんですよ!!ホント、ビックリの優れものです(^^。このシャクには最初から付属してましたが、自作できると思いますので画像を参考に作ってみてください!効果は抜群ですよ(^O^)/

注目のフィッシングエントリー