2008年11月15日

11月15日(土)、ネットで知り合った人たち(初めて会う人ばかり!)と、初めて行く島根県松江市美保関町の沖磯に釣りに行って来ました(^^♪

今回は「初」づくし。釣行が決まってから嬉しくて仕方ありません(笑)。

午前1時半過ぎに自宅を出発。3時半には待ち合わせの釣具店に。2人の方と合流して、エサやら小物を買い足し、いざ渡船場へGO!。出船は5時の予定で、十分余裕のある到着でしたが、なんと他の4名の方は到着して準備済み!!気合いが入ってますね〜。

神社の境内で魚釣り!!

沖の御前島

目指す場所は、島根半島の東端、地蔵埼の北東3キロの沖合に浮かぶ孤島「沖の御前島」。島根半島を代表する超A級磯です。しかもこの島は灯台があるばかりでなく、美保神社の飛地境内地となっているのです!!まさに神の島、上礁出来るだけでもラッキーです(*^。^*)

沖の御前島今回の出船は、軽尾港(かるびこう)より渡船「灘屋」さんで。約20分で島に到着し、上礁完了。各自釣り座を決め釣り開始。私の釣り座は、船着きの最も足場の良い所(^。^)

今回のメンバーさんは、トーナメンターの方や有名クラブの方々で釣りが上手な人ばかり!!唯一、私が一般初心者級のへぼ釣り師(笑。このメンバーでこの釣り場・・・爆釣間違いなしと期待は膨らむ一方♪

潮が流れなかったぁ・・・

釣り座風景しかし、いざ釣り始めると、潮が思ったほど流れていません。ここは足元から落ち込んでいるので、マキエを足元から入れてみます。最初はエサ取りの姿さえ見えません。3、40分して、ようやくアイゴやウマヅラハゲが。

エサは取られるものの、魚は釣れません。1時間ほどしてアタリがあり釣れたのは、ウマズラの25cm級。普段なら迷わずキープしますが、この島ですから、ハイ!リリース^^その後も、ぽつぽつウマズラは釣れるもののぱっとしません。周りも似た状況。しかし、東端で釣られていたトーナメンターさんがついにクロ(35cm級)をゲットされた!!流石です(^^

潮は徐々に早くなっているような感じが・・・その時、ウマズラとは違う引きが竿を襲う!!ガツンと竿にのって、「ヨッシャー^^」と思ったのも束の間、竿先が跳ね上がる('_')。仕掛けを回収すると、チモトがプッツリ・・・何だったんだろ〜???気を取り直し、釣り続けるものの湧き上がるような潮になり魚っけがない。もう、お手上げである。

ヒットォ!

ウスバでした・・・汗

灯台の所で休憩していると、隣の方が竿を大きく曲げている!!ついに鯛の登場かとも思われたが、上がったのはウスバハギでした〜。でも、あの状況下で釣られるとは、流石です(^^

潮の流れは速度を増し、さらに湧き上がり、小さな渦まで(*_*;
午後5時納竿と相成りました。

超A級の磯と言えども、良い潮が流れなければかなり難しいようです。でも、釣り仲間が増えて大変有意義な釣行となりました。その夜のオフ会も大いに盛り上がりましたとさ(^_^)v

注目のフィッシングエントリー