2008年10月15日

マイゴムボートで出撃、釣友Nと向かった場所はこの島・・・

夜明け直後に、ボートを出す海岸に到着。早速、Nとそれぞれにボートを準備し、右側の島に向かう

出発進行!

釣友N釣友Nをマイボートから激写^^

釣り座を決めて、沖を見てるとナブラが!!徐々にこっちに近づいている!

N:「はよ〜、準備せにゃー!!」
自分:「そがー言うても、すぐにできりゃーせん(笑)」

ナブラは前を通り過ぎ、遥か彼方へ。

Nは最初からタルカゴで大物狙い。と言うか、フカセ用の竿を持って来なかったので、泣く泣くタルカゴを振るはめに(爆)

浅利大島・ポイントわたしゃ、フカセで楽しむぞ〜^^と言っても、竿は2号でハリスは2.5号の、「何でもこいや〜!」仕掛けです(爆)

釣り始めると、遠投タルカゴは無反応、足元のフカセはすぐにチャリコとサンバのオンパレード。こりゃ、苦戦モードに突入しそうだ・・・

約2時間経過

浅利大島・ポイントやっとNに何か来た!!難なく取り込んだのは、40cm級のマダイ。狙ってたのは、1.5倍以上のやつだったのに(笑。でも、何はともあれ一安心^^

それから、フカセの方にもワカナ(40弱)やサバ(25前後)がきて、どうやら沖で頻繁に現れるナブラはワカナとサバだとの結論に。ガックリ。。

午後1時過ぎまで頑張ってはみたものの状況は変わらず。Nは30ちょいのタイを追加し、自分は30くらいのチヌを追加しただけで、チャリコとサンバの攻勢は増すばかり。ダツも途中から参戦。

午後1時半

浅利大島・ポイント遂に移動を決断。隣の島の先端へ

これがまた一苦労。荷物を片付けボートで移動して、また荷物を持ってテクテク。あ〜、くたびれる〜

さて、仕切り直しで釣り始めるが・・・1時間たっても反応なし。

2時間近く経って、ワカナが釣れたがそのあと沈黙・・・・・・・
何となく、午前中釣ってた場所をパシャリ

しかし、午後4時半過ぎに・・・

Nが「キタッ〜^^」。見ると、良い引きしてるんじゃない!!タモを持って待ち構えていると、なんと海面に現れたのは46,7のチヌ!!タルでチヌかいや〜(笑

と思ってたら、続け様にまたチヌ!!!「どこらで来たん?」と聞いてみると、「あのへんよー!おんなじ所で釣れようる」と指さしたのは15mほどの所。「あの辺に投げてみちん」との言葉に素直に従って投げてみる。

4,5投してみたが反応なし。と思ってたら、隣でNが「また、タルが入ったで^^」と!。あらら、とうとう3尾目のチヌ。なんで自分にゃ釣れんのか???

でも、10分くらいして、やっと来ましたよ^^。だんだんチヌも小さくなって36cmほど。まっ、良しとしよう^^

まだまだ、釣れるかと思われたが、再び沈黙。最後に、赤を一発!!と、二人で念じながら釣ってはみたものの、日没せまりTHE END。

ボートに乗ってすぐにお日様が↓↓↓↓

夕日がきれい・・・

「まずいで〜、はよーせにゃ暗―なるでー!!!!」せっせ、せっせとボートを漕ぎましたとさ^^おしまい。

今日のお持ち帰り

チヌとツバスの釣果

注目のフィッシングエントリー